札幌市の不動産情報・売却|R’tm 株式会社 > R’tm 株式会社 のスタッフブログ記事一覧 > 中古マンションの築年数と売却の関係は?売り時もご紹介!

中古マンションの築年数と売却の関係は?売り時もご紹介!

≪ 前へ|新築一戸建て住宅を購入した際に必要な登記とは?種類と費用について解説   記事一覧   新築一戸建ては空き巣に遭いやすい?必要な防犯対策をご紹介|次へ ≫

中古マンションの築年数と売却の関係は?売り時もご紹介!

カテゴリ:不動産知識

中古マンションの築年数と売却の関係は?売り時もご紹介!

中古マンションにおいて、築年数はその資産価値を決定付ける項目のひとつです。
もちろん、売却価格にも大きな影響を与えますが、実際にどのように影響を与えているのかはご存じない方もたくさんいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、築年数が中古マンションの価値にどう影響するのか、売り時や築30年以上の物件の価値についてご紹介します。

R’tm株式会社へのお問い合わせはこちら


中古マンション売却における物件の資産価値を決めるのは何か?

中古マンションの資産価値の構成要素は、敷地権の共有持分と専有部分の区分所有権、そして建物や建物付属物の共有持分です。
ただし、建物と異なり、土地は古くなったからといって老朽化するわけではありません。
そのため、築年数が影響を与えるのは建物の資産価値だけです。
中古マンションの売却において、建物部分には経年劣化があるため、その資産価値は築年数とともに低下していきます。
新築だったマンションも1年目には価値が急落し、以降20年目までに急激に資産価値が下がっていき、21年目からは下落ペースが緩やかになります。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に用意しておくべき必要書類は?取得方法も解説!

中古マンション売却における売り時の築年数とは?

中古マンションの築年数と成約率の関係から、売り時は築15~25年といえます。
築年数が浅いほうが一見売れやすそうに思われるかもしれませんが、売却価格が高い傾向にあることから難しいかもしれません。
また、築5年までは中古物件でも設備が新しくダメージも少ないため、比較的高額での売却が可能ですが、売却価格が住宅ローンの残債を上回るか確認したほうが良いです。

▼この記事も読まれています
地下室付きの家が売却しにくい原因とは?メリットや売り方も解説!

築30年以上の中古マンションは売却できる?

築30年以上の中古マンションでも、売却できないわけではありません。
たとえば、大規模修繕がおこなわれた直後であれば、購入希望者が好印象を抱く可能性があります。
そして、大規模修繕は築15年目や築30年目などの節目におこなわれるのが一般的です。
大規模修繕が近い場合は、終了してから売り出すと良いでしょう。
また、人気エリアにある中古マンションは、築年数が経っていても資産価値が下がりにくい傾向にあります。
しかし、一般的な築30年以上の中古マンションを売却するには、部屋のなかのものをほとんど交換する必要があります。
さらに、新耐震基準を満たしていないと安全性に関する懸念があるほか、フラット35などが使えないことが注意点です。

▼この記事も読まれています
不動産売却における告知書とは?記入する方や注意点を解説!

まとめ

中古マンションの売却には築年数が大いに影響しますが、実際に影響するのは建物の価値だけです。
売り時は築15~25年であり、築30年以上でも大規模修繕の直後や人気エリアの物件であれば売却できる可能性は十分あります。
札幌市の売買物件情報や不動産売却のことならR’tm 株式会社がサポートいたします。
土地や建物関係で気になっていることがあればぜひご相談ください。

R’tm株式会社へのお問い合わせはこちら



≪ 前へ|新築一戸建て住宅を購入した際に必要な登記とは?種類と費用について解説   記事一覧   新築一戸建ては空き巣に遭いやすい?必要な防犯対策をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 売却査定
  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • 更新情報

    2023-11-01

    中古の住まいをリノベーションであなた好みの住まいに!!の画像

    自分たちのライフスタイルに合わせた家づくりを考えることは、とても楽しいこと。
    今お住まいの住宅や中古住宅を買われた方のリフォーム・リノベーションも弊社にお任せ下さい!!
    専門のコーディネーターととともに弊社が使いやすく住みやすく、そしてハイセンスな住まいへのお手伝いをいたします。


    2023-10-31

    秋が深まる大通公園の画像

    秋が深まる大通公園


    札幌も10月も末になってすっかり秋が深まってきました。大通公園西12丁目付近の紅葉も色づいて、晴れの日はとても気持ちがいいです。都心の真ん中にあるオアシス。札幌の良さがあらためて感じられる1日です。...

    2023-10-20

    不動産投資の対象となる狭小アパートとは?メリット・デメリット...の画像

    不動産投資の対象となる狭小アパートとは?メリット・デメリット...

    不動産投資には多額の資金が必要に感じますが、投資する物件によってはごく一般的な会社員でも不動産投資に乗り出せます。いわゆる「狭小アパート」も、気軽に不動産投資ができる物件のひとつです。今回は狭...

    更新情報一覧

  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    R’tm 株式会社
    • 〒065-0042
    • 北海道札幌市東区本町二条1丁目9-12
    • TEL/011-839-5350
    • FAX/011-839-5350
    • 北海道知事石狩 (1) 第009012号
      建設業許可 北海道知事許可(般-4)石狩24431号
      住宅宿泊管理業許可番号 国土交通大臣(01)第F02645号
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る